経営 経理

freee(フリー)は飲食店の味方!?

こんにちは!

税理士の齋藤です。

クラウド会計ソフト、freeeについて!

会計ソフトは驚くほど種類が豊富ですが、おすすめは

やはりクラウド会計です!

これから起業、開業される方、今の会計ソフトや

経理の状況に不満がある方は、クラウド会計の

導入を是非検討してみてください。

飲食店経営者の方は特に相性がよいです!

 

freeeがおすすめな事業者は

はじめに、freee(クラウド会計)を是非、導入された方がいい事業者を

お伝えします!

・開業、起業間もない

・会計ソフト代を抑えたい

・パソコンを触るの苦でない。(感覚的に操作できればOKです。)

・簿記の知識がない方(知識があると使いにくく感じる方もいっらしゃいます)

・ネットバンク、クレジットカードを使用、使用予定

・POSレジシステムを使用、使用予定

・請求書をクラウドで作成、会計と連動させたい

・自社で経理を行っており、会計ソフトの変更により効率化を図りたい

・損益など毎月の財務把握が遅く、改善したい

 

全てに該当する必要はないですし、少しの項目しか該当しなくても

検討はされる方がよいです!

業種としては、飲食店や美容院などのスタートの会計ソフトとして

導入されるかたは多いです!

freeeを使いこなす

freeeを始めるには、まず申し込みをして実際に使ってみましょう!

はじめ(1か月)は無料で使えますので、とりあえず試してみるの一番です。

プランは個人事業主と法人で分かれており、使える機能によって金額が異なります。

<プラン 税抜表示>

◆個人事業主

「スターター」 980円/月

「スタンダード」1,980/月

◆法人

「ミニマム」 1,980円/月

 

個人事業主のプランのうち、下記の機能を使いたい方は「スタンダード」になります。

・領収書の写真から仕訳データ登録

・消費税の申告

・月次の損益の把握

 

法人については、スターターの次が「ベーシック」3,980円ですが、大きな差はなく、

利用者が4名からは「ベーシック」になります。

 

そして、申し込みした後が何より重要!

放っておいたら悲惨な事態が待っていますのでご注意を。

 

クラウド会計の強みの一つは、自動で処理をしてくれるところです。

ネットバンクやクレジットカードなどの情報を同期することで、

クラウド会計に自動で情報を取り込むことができます。

ただし、最初に取り込まれた情報だけでは、会計上の処理は完了しません。

そこで、freeeの会計ソフト上で、取り込まれた情報がどのような取引かを

学習、覚えさせる必要があるのです。

 

例えば、飲食店が 6/23に山下商店へ仕入食材100,000円をゆうちょから振込した場合

ネットバンクから、freeeの会計ソフトに次の内容が取り込まれます。

6/23 ゆうちょ 100,000円  ヤマシタショウテン

 

取り込まれた情報を見て、山下商店への支払いは「仕入」だということを

学習させる必要があります。

そうすると次回からは、山下商店への支払いは自動で「仕入」と判断

されることになります。

 

このように、はじめは設定に時間がかかりますが、会計ソフト上で自動で経理できるように

自動登録ルールの設計を行うことが重要となります。

2回目以降は、自動登録ルールに基づき勝手に処理されるので、

事務負担は大きく軽減されます。

 

freeeのメリット

 

クラウド会計はfreee以外にもMFクラウド、ASaaS、弥生会計オンラインなど

色々な種類があります。

クラウド会計はリアルタイムで経理が可能、財務の見える化を

サポートします。

また多くのクラウド会計ソフトは、給与計算や請求書の作成など

会計以外の業務もクラウドで管理、連動することが可能です。

ですので、これまでかかっていた工数を少なくすることによる人件費削減や

やソフト代のコストカットをすることも出来ます。

 

クラウド会計は優れている点はたくさんありますが、

使いこなさないと、その良さは実感できないです。

数あるクラウド会計ソフトから自分に合ったソフトを選ぶのも

大事ですので、税理士に相談しながら、いろいろ試してみてください。

 

freee(フリー)のプランの確認は下記からご確認ください。

個人事業主 or  法人

 

【今日のご飯】

蒸し穴子の棒寿司

大葉やショウガが入っていてさっぱり食べれるのがいいです。

 

おすすめ記事

-経営, 経理

© 2021 飲食大好き税理士ブログ Powered by AFFINGER5