独立

仕事のためのデスク

デスクの大きさは難しい

仕事で使用するデスクの大きさ、悩まれる方は多いのではないでしょうか。

特に最近は会社ではなく在宅で仕事される方も増えて、

業務の効率化のためや、体に負担がかからないように仕事回りの設備、備品の

一つとしてデスクの見直しをされることがあるかと思います。

かく言う私もデスクのことで悩んでいた一人です。

 

何を優先するのか。

デスク選びには何を優先するのか。

大きさ、デザイン、値段、大きくこの3つでしょうか。

今までも仕事や勉強などでデスクは使っていましたが、その選び方は

安くて、大きさほどほど、デザインはシンプルでといった感じで選びました。

みんな知っているイケアのデスクの『リンモン』です。

大きさは120×60ですので、大きすぎず小さぎずのサイズ感だと思います。

リンモン(120×60)

 

ノートパソコンでの作業や勉強するなど、当時はこれでよかったのです。

 

最近、本格的に仕事をするにあたり、ノートパソコン1台では効率が悪いため、

ディスプレイを2台購入しました。27インチと23インチ。

仕事の業種にもよるかもしれませんが、我々の税理士業界では必須です。

このディスプレイを購入したことにより急にデスクが狭くなりました。

ただ狭くなるだけなら少し我慢すればいいのですが、画面との距離が近すぎて、

肩こりや腰痛、目の疲れを引き起こすようになったのです。

これはまずい、ということで大きいデスクを探しました。

そして見つけたのがこちら。

イドーセン(160×80)

おなじみのイケア(イドーセン)

大きさは申し分なく、160×80、高さは65~79で調整可能です。

設置したときは一人のデスク用としては少しやりすぎたかなといった印象でした。

部屋が少し狭く感じるくらいです。(もともと狭い部屋なのですが。。。)

しばらくすると、そんな感覚もなくなり、めちゃくちゃしっくりきています。

そもそも仕事をメインでする部屋ですので、大きくてよいのです。

木目の落ち着いた色合いで、座ったときのゆったり広々とした空間、

ディスプレイまでの距離も十分で想像以上の満足感です。

価格は32,990円と安くはないかなと個人的に思うのですが、

長く続けることや、このデスクがもたらす効果(仕事の効率や体調面)を

考えると高くないかと思います。

 

このデスクに課題があるとすれば重すぎることです。

総重量が40㎏あるので、とても一人じゃうごかせないです。。。

持ち運びや組み立ては一人でできるのでご安心を。

値段に見合う価値の提供

今は在宅でのデスクワークが増えていることから、

デスクでは昇降タイプも人気が出ているようですね。

いろいろなニーズがあります。

安いものが悪いわけでもないし、小さいのが悪いわけでもないです。

そのニーズにあった価値を提供出来ているかが重要です。

私もこれから自分の価値を提供するにあたり、

自分の価値を明確にすること、そして自分を必要をしていただける方に

その価値伝えることをきちんちやっていきたいと思います。

 

 

いや、お値段以上でしょうか。。。

 

 

 

おすすめ記事

-独立

© 2020 Smart-Accounting -齋藤彰規の税理士Blog‐ Powered by AFFINGER5